断言してもいい、私の人生は緋村剣心と共にあります

漫画「るろうに剣心」が大好きである。愛してると言ってもいい。原作者の和月先生には感謝してもしきれない。子供の頃にこの漫画と出会っていなかったら今の自分はいないかもしれない。小学校低学年のときに、アニメの放送がはじまって兄と一緒にハマッた。長髪に赤い着物、袴。頬に十字傷を付け刀を振るう剣心に一目惚れしたのである。あの衝撃は大人になっても忘れない。世界観、戦い、物語の展開すべてに引き込まれた。戦いを通して様々な人物との出会いがあり、また心に響くものがある。深すぎる。キャラクターひとりひとりが魅力的である。涙を流して夢中になった。剣心に憧れ、女の身で、居合の道場に入門した。2段である。厳しい稽古を通して、忍耐力と丈夫な足腰を手に入れたので、体力勝負な仕事に就いてが、毎日元気に働けている。原作の漫画はすでに読み込んでいてボロボロだが絶対に捨てられない。宝塚でのミュージカル化や佐藤健くんの映画もあるがどれもお勧めであり、大人になってから改めて素晴らしさに気付かされた。http://www.itolosa.co/