雲のでき方法や雨の粒と雲の粒について勉強した

感じの実例について勉学しました。感じ中には、目線には見えない水蒸気(水の分子)が含まれています。露点は、感じ内の水蒸気が凝結し、水滴に変わる気温だ。コップを用意して、くみ置きの水に氷水を少しずつ与えます。コップに接していらっしゃる感じ内の水蒸気が冷水によって冷やされ、水滴になります。露点は、感じ内の水蒸気容積によって決まります。満杯水蒸気容積は、感じの気温によって決まります(良いほど多い)。ミストは、地表部分近くで感じ中に浮かぶ極めてちっちゃな水滴だ。霜は、感じ内の水蒸気が昇華して土壌やものについたものです。霧氷は、ミストの粒が樹木などに凍りついたものです。感じの固まりは、上昇するにつれ膨張して気温が下がり、露点に達すると留まる水蒸気が水滴になり雲ができます。雲の粒のキャパシティは雨量の粒の100万分の1ほどで、雨量の粒がサッカーボールなら雲の粒は仁丹くらいのがたいだ。雲の粒の垂れ下がる速さは少なく、降る途中で蒸発してしまう。また、成長気流にのっているので雲は浮かんで見える。知らないことを勉強して良かったです。妊活サプリ