閉店間際に割り引きステッカーを求めて出向くのがルーチンになってしまってます

閉店間際の上級で弁当、おかず類に値引きステッカーが貼られているのはとうによく知られたことですが、身がとことんいくその上級はとりわけ嵩が多いです。ちょこ少しでなく、頭数が大変多いです。これ程売れ残っているの?という感じです。カレーライス、牛丼、豚丼、天丼、カツ丼、うどんと焼きそばが配置になったヒト、その他副食グループが多彩だ。これらがみなさん5個6個は当たりまえにあるので、既に迷って迷ってしまいます。欲張りなので通常数多く買って無理して食べてるという感じです。しかも3ディスカウントとかでなく、全体半額です。素材がみなさん398円と安っぽいので、それが半額だと、大雑把に言うと200円ですよね。だからとにかく欲張って5,6個弁当を買ってしまう。些かフラストレーションになっているんですよね。でも買いに行かないと損しているような気持ちまでして、私生活と気力上によくないですね。これも癖みたいなもので、まずいですね。閉店間際に出向くのが義務的になってきてますから。ミュゼ うなじ 脱毛